· 

中学英語・レベルアップのための勉強方法①~勉強が好きになる小中高生向け学習塾「札幌自学塾」

動画講座はこちらをクリック>>

 

中学英語・レベルアップのための勉強方法①

 

形容詞の活用(限定用法・叙述用法)(動画講座を参照してください)

 

◇限定用法(名詞の情報を付け加える)

①大きさ⇒big,small,short,tall

②新しさ、古さ⇒new,old,young

③形⇒sharp,flat,round

④色⇒white,black,blue

⑤出身、所属⇒Asia,Japanese,Europe

⑥主観⇒cute,lovely,cool,beautiful

 

例題1)

①She has a big dog.

②I want a new camera.

③I have a good idea.   

 

◇叙述用法(SVC・SVOCの保護として使う)

 

例題2)SVC(S=C)

①I am hungry.    I'm not hungry.    Are you hungry

②I am thirsty.

③My father is tall.

④My brother is smart.

⑤My sister is cheerful.

⑥My mother is beautiful.

⑦His father is kind.

⑧He looks happy.

⑨She got angry yesterday.

*よく使われる動詞⇒be動詞,become,get,五感動詞(look,sound,smell,taste,feel)

 

例題3)SVOC(O=C)

 

①She always makes me happy.

②He made me sad.

*よく使われる動詞⇒make,let,have,get

 

 

◇成績アップの秘訣は何?  

 「基礎と実践のバランスが大切」

◇小学生から中学生までに一番身につけたい力は何?  

 「自ら学ぶ力=自学力」

◇論理的思考力とは何?

 ①言い換える力(具体と抽象の関係)(つまり、たとえば)

 ②比べる力(あっちは、こっちは、一方は、他方は、それに対して)

 ③たどる力(因果関係→原因と結果の関係)(だから、なぜなら)

 ④推論力(未知の事柄に対して筋道を立てて推測し、論理的に妥当な結論を導き出す力)

 

◇理解力とは?   

 ①点で理解 ②線で理解 ③面で理解

 

◇3つの確認(最低限の英文法①の動画講座を参照してください)

(1.時制は何? 2.肯定文・否定文・疑問文・命令文のどれ? 3.主語は何?) 

 

◇品詞(名詞・形容詞・副詞)(動画講座を参照してください)

・名詞⇒モノ(者・人、物)、コト(コト)

・形容詞⇒名詞に情報をプラスする言葉(修飾)

 

・副詞⇒名詞以外の動詞・形容詞・文などに情報をプラスする言葉(修飾)

 

◇英語の基礎

 

 ◆英語は中学1年生で学ぶことが基本(逆に言うと中学1年生のが分からないと英語は理解しづらくなる)

  札幌自学塾では主に小学5年生から英語を学びます。

 ◆英語の基礎(日本の語順と違う)

  ①主語と動詞は? (5文型は五十嵐先生のブログを参照)

  ②肯定文・疑問文・否定文・命令文のどれ?

  ③時制は? (現在形・過去形・未来形・進行形・完了形)

  ④品詞は? (名詞・代名詞・動詞・助動詞・形容詞・副詞・前置詞・接続詞・冠詞・間投詞)

  ⑤場所や時間など他の情報は?

 ◆主語の人称(耳慣れない言葉なので意味をしっかり理解する必要がある)

                    主格        be動詞    一般動詞

      1人称単数 I         am   was     play    have    do      did

  2人称単数   You     are   were    play    have    do      did

  3人称単数   He.She等  is     was     plays   has     does    did

  全ての複数  They     are  were    play    have    do      did

 *3人称単数(He.She.名前.This.that.It.他)がキーポイント

 

 ◆疑問詞を使った疑問文

  ①疑問詞(what,who,when,where,which,why,how等)を使って、具体的な情報を聞き出す。

  ②Yes,Noで答えない。

  ③疑問詞は品詞ではない。

  ④疑問詞主語のときは気をつける。

 

  ◆未来を表す言い方

  ①be going to+動詞の原形~(~するつもり、予定や計画をいうとき)

  ②will(助動詞)+動詞の原形~(~でしょう、はっきりしない未来)(~します、意思を表したいとき)

 

 ◆have(has) toとmustの使い方

  ①have(has) to+動詞の原形~(~しなければならない)(何か事情やルールがあるとき)

  ②must(助動詞)+動詞の原形~(どうしても~しなければならない、しないわけにはいかねい、違いない)

  ③don't(doesn't) have to+動詞の原形~(~する必要がない、しなくてもよい)

  ④must(助動詞)not(mustn't)+動詞の原形~(~してはならない)(禁止)

 

Can(Could) you ? や Will(Would) you ?など依頼するときの言い方

  ①Can you +動詞の原形~?(~してくれますか)(カジュアルな依頼)

  ②Could you +動詞の原形~?(~していただけますか)(初対面の人や目上の人への依頼)

  ③Will you +動詞の原形~?(~してくれますか)(can youより命令っぽく聞こえる)

  ④Would you +動詞の原形~?(~していただけますか)(will youより控えめ)

 

 Can I ? や May I ? など許可を求めるときのの言い方

  ①Can I +動詞の原形~?(~してもよいですか)(カジュアルな言い方、許可を求める)

  ②May I +動詞の原形~?(~してもよいですか)(初対面の人や目上の人への言い方、許可を求める)

  ③Shall I +動詞の原形~?(~しましょうか)(改まった言い方)

  ④Shall we +動詞の原形~?(一緒に~しましょうか)(改まった言い方)

 

 英語の時制

  ①現在形⇒普段していること、習慣

  ②現在進行形⇒今現在していること、一時的にしていること

  ③過去⇒過去のこと

  ④未来⇒未来のこと(be going to と will の違いはこちらを参照)

 

 *英語の時制は全部で12種類(そのうちの4種類を理解しよう)

  ①現在形 ②現在進行形 現在完了形 現在完了進行形

  ③過去形  過去進行形 過去完了形 過去完了進行形

  ④未来形  未来進行形 未来完了形 未来完了進行形

 

 前置詞の使い分け(名詞または代名詞の前に置く)

  ①時刻・曜日・年の使い分け(at・on・in)

  ②場所の使い分け(at・on・in)

  ③before(~の前に)    after(~の後に)

  ④from(~から)      to(~へ)

  ⑤with(~と一緒に)      without(~なしで)

  ⑥for(~のために、~にとって、時間の長さについて)

  ⑦by(~で、~によって、~までに)

  ⑧over(~の上に、~をこえて)         under(~の下に、~より低い)

  ⑨of(~の)

  ⑩as(~として)

  ⑪like(~のような・に)

  ⑫about(~について)

  ⑬around(~のまわりに・を)

  ⑭near(~の近くに・で)

  ⑮until(~までずっと)

  ⑯between(2つの間に・で)

  ⑰among(3つ以上の間に・で)

  ⑱in front of(場所について~の前に・で)

 

 人称代名詞

                     主格   所有格   目的格   所有代名詞

        (は、が) (の)  (を、に)  (~のもの)

  1人称単数   I      my             me              mine

  2人称単数    You           your           you             yours

  3人称単数    he             his             him             his

                         she           her             her              hers

                         it               its              it

  1人称複数    we            our              us               ours

  2人称複数    You           your            you             yours

  3人称複数    they          their            them           theirs

 

 語順⇒第1・2・3・4・5文型(S:主語 V:動詞 C:補語 O:目的語)

  ①第1文型(SV)

  ②第2文型(SVC)

  ③第3文型(SVO)

  ④第4文型(SVOO)

  ⑤第5文型(SVOC)

     

◇詳しくは動画講座を参照してください! こちらをクリック>>

 

詳しく「札幌自学塾」を知りたい方は、ホームページを参照してください! こちらをクリック>>

無料体験・申し込みは、「お問い合わせ欄」からメールしてください! こちらをクリック>>