· 

札幌市東区のとっても安い学習塾!五十嵐先生の基礎英語14

【オンライン無料学習相談受付記念!】

こんにちは。五十嵐です。10日連続投稿・英語の文型シリーズ第4弾!

前回は英語の文型のうちの1つ第Ⅲ文型を学びました。(前回の記事はこちら)

 

五十嵐先生の基礎英語14(第Ⅳ文型)

英語の文型を理解することで、一気に英語の世界が広がります。

「英語の成績が急に落ちた」「勉強についていけなくなった」という人はぜひ読んでみてください。

今回は第Ⅳ文型を学びましょう。第Ⅳ文型は第Ⅲ文型とかなり密接な関係にあります。

 

・第Ⅳ文型

・第Ⅲ文型への書き換え

・最後に…

 

第Ⅳ文型

第Ⅳ文型は「主語+動詞+目的語(人)+目的語(物)」で文章の骨組みが構成されています。

ここで用いられる「動詞」は「他動詞」となり、「目的語」にはといった「名詞」が来ます。

 

Mr.Igarashi gave her a birthday present yesterday.(五十嵐先生は 昨日 彼女に 誕生日プレゼントを あげました。)※“gave”は“give”の過去形

 

「主語」は“Mr.Igarashi”(五十嵐先生)、「動詞」は“give”(~に…をあげる)、「目的語」は“her”(彼女)と“a birthday present”(誕生日プレゼント)、この4つが文章の骨組みとなっています。

「動詞」“give”(~に…をあげる)の対象となるのが「目的語」“her”(彼女)と“a birthday present”(誕生日プレゼント)となっています。

her”(彼女)と“a birthday present”(誕生日プレゼント)は明らかに異なる「名詞」ですので「“her a birthday present”をあげる」という意味にはなりません。

なお、後ろに続いている“yesterday”(昨日)は「副詞」で文章の情報を補足しているに過ぎません。

 

他にも第Ⅳ文型の例文をいくつかを挙げてみます。

 

I'll give you three hundred dollars.(私は 君に 300ドル あげよう。)

 

「主語」は“I”(私)、「動詞」は“give”(~に…をあげる)、「目的語」は“you”(君)と“three hundred dollars”(300ドル)、この4つが文章の骨組みとなっています。

「動詞」“give”(~に…をあげる)の対象となるのが「目的語」“you”(君)と“three hundred dollars”(300ドル)となっています。

なお、“'ll”の部分(“will”の省略)は「助動詞」と呼ばれ、「will+動詞の原形」で「~する予定だ」という未来のことを表しています。

 

Mrs.Oda bought her daughter a watch.(織田婦人は 娘に 時計を 買ってあげた。)※“bought”は“buy”の過去形

 

「主語」は“Mrs.Oda”(織田婦人)、「動詞」は“buy”(~に…を買ってあげる)、「目的語」は“her daughter”(娘)と“a watch”(時計)、この4つが文章の骨組みとなっています。

「動詞」“buy”(~に…を買ってあげる)の対象となるのが「目的語」“her daughter”(娘)と“a watch”(時計)となっています。

 

第Ⅲ文型への書き換え

第Ⅳ文型は第Ⅲ文型とかなり密接な関係にあり、第Ⅳ文型は第Ⅲ文型へと書き換えることができます。

 

第Ⅳ文型:I'll give you three hundred dollars.(私は 君に 300ドル あげよう。)

 

第Ⅲ文型:I'll give three hundred dollars to you.(私は 君に 300ドル あげよう。)

 

「動詞」“give”は、“give + 人 + 物”という形の他にも“give 物 to 人”と表すことができます。

どちらも全く同じ意味の文章ですが、前者は第Ⅳ文型であるのに対して、後者は第Ⅲ文型となります(“to you”は「副詞句」となる)。

 

同じく、もう1つの例を載せます。

 

第Ⅳ文型:Mrs.Oda bought her daughter a watch.(織田婦人は 娘に 時計を 買ってあげた。)

 

第Ⅲ文型:Mrs.Oda bought a watch for her daughter .(織田婦人は 娘に 時計を 買ってあげた。)

 

「動詞」“buy”は、“buy + 人 + 物”という形の他にも“buy 物 for 人”と表すことができます。

どちらも全く同じ意味の文章ですが、前者は第Ⅳ文型であるのに対して、後者は第Ⅲ文型となります(“for you”は「副詞句」となる)。

 

第Ⅳ文型から第Ⅲ文型へと書き換える際に、対象者を示す「前置詞」は“give”のように“to”を用いる場合と“buy”のように“for”を用いる場合の2種類があります。

 

なお、これらの「動詞」は第Ⅲ文型と第Ⅳ文型の両方で表すことができますが、対象者となる目的語が人称代名詞(“me”“you”“him”“her”など)のときは、第Ⅳ文型が好まれる傾向にあります。

 

最後に…

第Ⅳ文型は「主語+動詞+目的語(人)+目的語(物)」で文章の骨組みが構成され、「目的語」にはといった「名詞」が来ます。

そして、第Ⅳ文型の文章は“give 物 to 人”や“buy 物 for 人”のような形で第Ⅲ文型へと書き換えることができます

 

次回は、第Ⅴ文型について学びましょう。(次回記事)

 

自学塾については、こちらのホームページをご覧ください!

体験・申し込みは、こちらのお問い合わせ欄からメールをしてください!

期間限定!オンライン無料学習相談のご紹介はこちら!!

新型コロナウイルス感染防止のため特別対応を行っておりますのでご安心ください。