· 

札幌市東区のとっても安い学習塾!五十嵐先生の基礎英語8

【オンライン無料学習相談受付記念!】

こんにちは。五十嵐です。10日連続投稿・英語の品詞シリーズ第3弾!

前回は動詞について学びましたが、今回は形容詞について学びましょう。(前回の記事はこちら)

 

五十嵐先生の基礎英語⑧(形容詞)

今回取り上げる形容詞は、前回の動詞よりも簡単な内容ですので、動詞と併せて理解しましょう。

形容詞のポイントは大きく2つあります。

 

・形容詞

・名詞を修飾する

・動詞の補語となる

・最後に…

 

形容詞

形容詞とは、ある名詞がどのような性質のものかを表す言葉です。

 

big(大きい)

small(小さい)

cold(冷たい)

hot(熱い)

good(良い)

bad(悪い)

white(白い)

red(赤い)

young(若い)

old(年老いた)

many(たくさんの)

much(たくさんの)

 

大きく分けて「名詞を修飾する」「動詞の補語となる」の2通りのパターンがあります。

 

名詞を修飾する

形容詞の用い方の1つに、名詞を修飾するというものがあります。

この場合、原則として「(冠詞+)形容詞+名詞」という並びになります。

 

a big tree(大きな木)

a small camera(小型カメラ)

 

英文を読む際には、このような“a big tree”や“a small camera”といった集まりで1つの名詞のように扱うのがポイントです。

 

注意点もいくつかあります。

日本語では同じ「たくさんの」という意味でも、英語では“many”と“much”の2つを使い分けます。

数えられる名詞(普通名詞)には“many”を、数えられない名詞(物質名詞・抽象名詞)には“much”を用います。

これは、名詞の記事で少し取り上げましたが、日本語と英語のルールの違いの1つで、英語では、名詞が「数えられるもの」か「数えられないものか」を区別する傾向にあるからです。

 

many books(たくさんの本)

much water(たくさんの水)

 

また「形容詞+名詞」という並びの例外として、修飾する名詞が“something”“anything”などの場合は次のようにします。

 

something cold(冷たいもの)

 

動詞の補語となる

形容詞の用い方のもう1つに、動詞の補語となるというものがあります。

この場合、基本的には「動詞+形容詞」という並びになります。

 

一番わかりやすい例は「be動詞」と併せて用いる場合です。

 

be happy(嬉しいです)

be sad(悲しいです)

 

I am happy.(私は嬉しいです。)

I am sad.(私は悲しいです。)

 

前回の動詞の記事で学んだ自動詞の「主語+動詞+補語」のパターンで「主語=補語」の関係が成立していますね。

 

「be動詞」の他には“look”(~のように見える)や“seem”(~のように思える)などの動詞も併せて用いられます。

 

You look pale.(顔色が悪いね。)

His new novel seems interesting.(彼の新作の小説は面白そうだ。)

 

これらも「主語+動詞+補語」のパターンで「主語=補語」の関係が成立しています。

 

ところで、前回の動詞の記事で学んだ補語を用いるもう1つのパターンを覚えていますか?

“keep”(~を…にしておく)という他動詞を用いた「主語+動詞+目的語+補語」というパターンです。

 

I always keep my room clean.(私はいつも自分の部屋をきれいにしています。)

 

この場合は「主語=補語」ではなく「目的語=補語」の関係でしたね。(“my room”=“clean”)

前回説明しなかった“always”(いつも)という意味の副詞については次回解説します。

 

同じく「主語+動詞+目的語+補語」というパターンで用いることができる他動詞“make”(~を…にする)の例文も載せておきます。

 

The curtain makes this room beautiful.(そのカーテンがこの部屋を美しくしている。)

 

これも「主語=補語」ではなく「目的語=補語」の関係です。(“this room”=“beautiful”)

 

最後に…

形容詞は「名詞を修飾する」「動詞の補語となる」の2通りの用い方があることを理解できましたか?

このように、形容詞は前々回に学んだ名詞、前回学んだ動詞に大きく関わっています。

前回の動詞の内容は今回と比べて難しかったと思いますが、あえて名詞→動詞→形容詞の順番に学んだ理由はこのためです。

今回の記事を踏まえて、前回の動詞の記事を読み返してみると、もっと理解できるかもしれませんね。

 

次回は、副詞を学びましょう。

 

自学塾については、こちらのホームページをご覧ください!

体験・申し込みは、こちらのお問い合わせ欄からメールをしてください!

期間限定!オンライン無料学習相談のご紹介はこちら!!

新型コロナウイルス感染防止のため特別対応を行っておりますのでご安心ください。