· 

札幌市東区のとっても安い学習塾!五十嵐先生の基礎英語②

こんにちは。五十嵐です。

前回の記事では、英語の基礎として「人称」を学びました。(前回の記事はこちら)

今回から「動詞」について学んでゆきましょう。

 

五十嵐先生の基礎英語②(動詞・前編)

前回も述べましたが、英語と日本語との違いの1つに「主語の人称によって動詞が変化する」という厄介なルールがあります。

今回から、このルールについて、2回の記事に分けて解説してゆきます。

 

・英語と日本語との厄介な違い

・動詞の種類

・最後に…

 

英語と日本語との厄介な違い

たとえば、日本語で「~は幸せです。」と言うとき「~」という主語が何であっても「幸せです。」という部分に変化はありません。

 

・私は    幸せです。

・私たちは  幸せです。

・あなたは  幸せです。

・あなたたちは幸せです。

・彼は    幸せです。

・彼女は   幸せです。

・それは   幸せです。

・彼らは   幸せです。

 

ところが、英語の場合は、このようにはいかないのです。

 

動詞の種類

英語の動詞には「be動詞」と「一般動詞」の2種類があります。

今回の記事では「be動詞」を学びましょう。

 

先程の「~は幸せです。」という日本語を英語で表すと、次のようになります。

 

主語 + be動詞 + happy.

 

ここで、主語の部分は、英語でそれぞれ、「私は=I」「私たちは=we」「あなたは=you」「あなたたちは=you」「彼は=he」「彼女は=she」「それは=it」「彼らは=they」ですので、それぞれ、次のようになります。

 

・I   + be動詞 + happy.(私は幸せです。)

・We  + be動詞 + happy.(私たちは幸せです。)

・You + be動詞 + happy.(あなたは幸せです。)

・You + be動詞 + happy.(あなたたちは幸せです。)

・He  + be動詞 + happy.(彼は幸せです。)

・She + be動詞 + happy.(彼女は幸せです。)

・It  + be動詞 + happy.(それは幸せです。)

・They + be動詞 + happy.(彼らは幸せです。)

 

問題はbe動詞の部分で、結論から書くと次のようになります。

 

・I    am   happy.(私は幸せです。)

・We   are  happy.(私たちは幸せです。)

・You  are  happy.(あなたは幸せです。)

・You  are  happy.(あなたたちは幸せです。)

・He   is   happy.(彼は幸せです。)

・She  is   happy.(彼女は幸せです。)

・It   is   happy.(それは幸せです。)

・They  are  happy.(彼らは幸せです。)

 

これは、日本語と違う英語のルールであり、こればかりは暗記するしかありません。

このように、be動詞は主語によって"am"、"are"、"is"と3種類に変化します。(今回は「現在形」のみ紹介します)

 

これらをまとめると、下の表のようになります。

前回の記事で学んだ「人称」と「数(1つかそれ以上か)」によって使われるbe動詞が決まっています。

なかなか覚えづらいですが、次の順番で覚えると良いかもしれません。

①「複数の人」や「複数の物」の場合は"are"が使われます。

②「私」の場合"am"、「あなた」の場合"are"が使われます。

③「①・②以外」の場合"is"が使われます。

 

最後に…

今回は「主語の人称によって動詞が変化する」という厄介なルールの前半を紹介しました。

次回は、このルールの後半を投稿します。(次回記事はこちら)

 

自学塾については、こちらのホームページをご覧ください!

体験・申し込みは、こちらのお問い合わせ欄からメールをしてください!

新型コロナウイルス感染防止のため特別対応を行っておりますのでご安心ください。

下の方にあるFacebook・twitterの投稿にもご協力をお願いします。