· 

札幌市東区のとっても安い学習塾!五十嵐先生の基礎英語①

こんにちは。五十嵐です。

今回は、塾長のマネをして英語を取り上げてみます。

五十嵐先生は、少し別の角度から英語の解説をしてみます。

今まで英語の勉強でつまずいていた人は、もしかすると「論理的」な解説の方が理解できるかもしれません。
英語で悩んでいる方は参考にしてみて下さい。
※6月4日追記:学生でも読めるように簡単な文章に改めました。

 

五十嵐先生の基礎英語①(~人称って何?)

英語の基礎として「私は=I」「あなたは=you」「彼は=he」などがあります。

ところで「~人称」という言葉を学校で耳にしたことがありませんか?

今回は、この「~人称」という解説です。英語の勉強に見えて、実は日本語の勉強です。

 

・人称とは?

・一人称とは?

・二人称とは?

・三人称とは?

・最後に…

 

人称とは?

英語の勉強で最初につまずくのが「人称」というものかもしれません。

そもそも、国語で「人称」って習った記憶が私にはありません。

それを英語でいきなり習っても困るというのが学生時代の本音でした。

「一人称」「二人称」「三人称」と3つありますので、順番に見てみましょう。

 

一人称とは?

一人称とは、話し手を指す言葉です。「私」または「私たち」のことです。

「自分」または「自分たち」のことを一人称と言います。言葉は覚えなくても構いません。

 

例文:

I am happy.(私は幸せだ。)

We are happy.(私たちは幸せだ。)

 

二人称とは?

二人称とは、受け手を指す言葉です。「あなた」または「あなたたち」のことです。

「相手」または「相手たち」のことを二人称と言います。これも言葉は覚えなくても構いません。

 

例文:

You are happy.(あなたは幸せだ)または(あなたたちは幸せだ)

 

一人称のときは人数によって"I"や"we"と使い分けていましたが、二人称は人数に関係なく"you"で統一されています。

 

三人称とは?

一人称でも二人称でもない、つまり自分(自分たち)でも相手(相手たち)でもない「人」「物」を指す言葉は全て三人称です。

三人称という言葉と意味は覚えて下さい。後に「三単現」という言葉が出てきて重要になります。

私は、この三人称の意味が分からなくて初めて英語でつまずきました。

 

たとえば、A君とB君の2人で会話をしていたとします。

ここで、A君・B君以外に登場する人や物は全て三人称となります。

 

例文:

A君:Mr.Igarashi is good at tennis.(五十嵐先生はテニスが得意です。)

B君:Realy? He is too fat!(本当ですか。彼はとても太っています。)

 

A君の会話に出てきた五十嵐先生は三人称です。

同じく、B君の言う彼(=五十嵐先生)も三人称です。

人物だけではなく、他にもA君・B君以外に登場する「物」「事」の全てが三人称に当たります。

 

A君:These are my balls.(これらは僕のボールです。)

A君:Alice's racket is very expensive.(アリスのラケットはとても高いです。)

A君:Your racket is on the desk.(あなたのラケットは机の上にあります。)

 

「These=これら」「Alice's racket=アリスのラケット」「Your racket=あなたのラケット」も三人称です。

特に"Your racket"は「『あなたの』ラケット」なので一見すると二人称と間違えそうですが、これも三人称なので注意して下さい。

とにかく「I=私は」「we=私たちは」「you=あなたは、あなたたちは」以外は全て三人称ということです。

 

最後に…

今回は主語の人称について学びましたが、この知識だけだとあまり役に立ちません。

ですが、英語と日本語との違いの1つに「主語によって動詞が変化する」という厄介なルールがあります。

このルールを理解するために、まずは主語の人称について知ってもらいました。

次回からは、動詞について解説します。(次回記事はこちら)

 

自学塾については、こちらのホームページをご覧ください!

体験・申し込みは、こちらのお問い合わせ欄からメールをしてください!

新型コロナウイルス感染防止のため特別対応を行っておりますのでご安心ください。

下の方にあるFacebook・twitterの投稿にもご協力をお願いします。